ビジネスにおいてイノベーションは必然の積み重ねから生まれる

ビジネスにおいて「革新的ビジネスモデル」といわれているものの多くは、非連続的な飛躍によって生じたものだと捉えられがちであり、「ひらめき・偶然・天才」等の言葉と相性がいいと思われているのではないだろうか。

しかし、実際に「革新的」といわれているものの多くは、論理的な必然によって導き出されたものである。そもそも、既存競合事業者の戦略が外部環境として加味されるため、必然的に「既存事業者とどこを差別化するか?」というのが戦略思想となる。

それが、結果的に新規性のある要素を生む確率を上げる。

その「必然的差別化」のことを、前代未聞の天才的ひらめきのようにもてはやしている傾向がある。

情報を徹底的に整理して、必然的な解を出す。情報収集・論理的思考を怠けている実社会では、その地道な活動が「イノベーション」と呼ばれる代物になるのだ。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。