ラグビーワールドカップの五郎丸ブームに思うこと

仮に日本が3勝したとしても。

もし、キッカーが、五郎丸ではなかったら。

五郎丸のビジュアルがゴリラだったら
五郎丸の名前が、田中だったら
五郎丸ポーズがなかったら

不謹慎ではあるし、意図したものではないだろうが、この度のラグビーワールドカップほどスポーツ業界において、マーケティングに成功した例は少ないと思う。

しかも、日本ワールドカップ4年前という絶好のタイミングである。

ただし、このスーパースターマーケティングには、大きな副作用が伴う。

五郎丸代表引退をどう乗り越えていくかということだ。

五郎丸は、キックを神聖な儀式に変えてしまった。

次の代表キッカーのプレッシャーは、神聖な儀式を引き継ぎ、ラグビー界の人気を背負わされてしまうという意味で半端ではない。

マーケティング・・・市場とのコミュニケーション

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。