マーケティングターゲットを絞ることの意味を解説するよ。

多くの会社のマーケティングは、分散しすぎているために悪循環を生じさせている。

想定ターゲットが緩すぎるため、多くの広告費が無駄になっている。

絞ること。セグメントすること。
は、100年も前から金科玉条のように言われてきたマーケティングの一丁目一番地なのだが、これがなかなか実現しない。

なぜ、それができないのかについては、別記事で詳述するが、複数人のコンセンサスとターゲティングの相性はよくないということが大雑把な理由ではないだろうか。

とにかく会議の場で、絞ることの重要性を説得する必要がある。

以下に、正確性からは程遠いが、諸要素を廃した分かりやすい理論を整理する。

購買は小選挙区制である。

%e8%b2%b7%e3%81%86%ef%bc%93

それ以外の条件がまったく同じだった場合、
受け取ったメッセージ(広告)の量でマインドシェアはつくられ、購買の優先順位が決定する。

仮に購買回数が1回の商品だったとすれば、マインドシェア1位の企業には収益が生まれるが、2位の企業には惜しくもまったく収益が生まれない。

2位商品の広告費はまったくの無駄になる。

購買は、0or100の小選挙区なのである。

だから、広くマインドシェア2位よりも狭くマインドシェア1位の方が利に適っている。

マーケティングのゴールは、マインドシェア1位の見込み客をどれだけ保有できるかだ。

%e8%b2%b7%e3%81%86
単純化した例を挙げると

100万人に伝えるために100万円を使った場合、ひとりあたり1円の広告費。

同じ100万人に1億円使った競合があるとすると、ひとり100円の広告費。
到底、太刀打ちできない。

そこで。
標的市場を1000名に絞ってみる。 
そうするとひとりあたり1000円の広告費を使用できる。

それは自ずとその1000人に対しての認知度・マインドシェアの1位というブランド資産を形成する。
それが、効率的な収益化を生むのだ。

ちなみに、留意いただきたいのは、商品によっては中選挙区市場もありうるということだ。
例えば、需要>供給の品不足市場であれば、1位のオーバーフローを収益化できるので広く浅くが利に適っている。

でも、ほとんどの市場は、供給に弾力があり、需要<供給市場であるために、小選挙区であることを前提とした方がいい。

小選挙区に必要なのは、広く浅い認知度ではない。

相対的に1番だと感じてくれる人の数である。

マーケティングに置き換えるならば、その目標は、
マインドシェア1位の見込み客をどれだけ保有できるかである。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!