マーケティングとは、目的に応じたコミュニケーションである。

マーケティングって何?〜マーケティングを定義する〜

マーケティングは守備範囲が広く曖昧なため、定義は千差万別。

これほど重要で普及しているにも関わらず、これほどいい加減に使われている言葉というのはなかなかないのではないでしょうか?

多くの方がマーケティングの定義を様々に試みていますが、以下にその一部を紹介致します。

そして、最後に僭越ながら、東京ブランド戦略研究所の定義について解説させて頂きます。

ドラッカーのマーケティング定義

ドラッカー
ドラッカー以下のように定義しています。

マーケティングは、セリング(販売)をなくすこと

これは、本質的で哲学的で美しく優れた表現だと思います。
商品を販売するという共通の目的をもち補完し合うマーケティングとセリング(販売)を正反対のものとして捉えています。

理想的なマーケティングは、然るべき情報を伝えるだけで商品が売れていく状態であり、売り込むという行為を不要にするものというのは、セールスとマーケティングが混同されている状況において非常に意義ある定義だと思います。

マーケティング≒商売?

商売

ここからは少し批判になりますが、ご容赦ください。

よく見かけるのは以下の定義です。

マーケティングとは、「売れる仕組みづくり」である。

売れる仕組みづくり≒商売 じゃないの? という素朴な疑問。
それなら敢えてマーケティングという言葉を持ち出す必要もないと思うのです。
また、「仕組み」というのは、反復性を意味していると思いますが、一過性のコミュニケーションもマーケティングに含まれるのでこの観点からも疑問があります。

コンサルタント 佐藤義典定義 

マーケティングとは、お客様に価値を提供してお金をいただくことである。

これも、まさに、商売の定義そのもの。 なんのためにマーケティングという言葉を使っているのかが分かりません。
また、お金を頂くかどうかはマーケティングとは関係がありません。

アメリカマーケティング協会

マーケティングとは、顧客、依頼人、パートナー、社会全体にとって価値のある提供物を創造・伝達・配達・交換するための活動であり、一連の制度、そしてプロセスである。

これも訳に問題があるのかもしれませんが、「商売」をわかりにくくしただけという印象です。
仮に、正確だとしても、難解過ぎてこの定義が普及していくことはないでしょう。 
皮肉にもマーケティングの定義がマーケティングに失敗しているというところでしょうか。

目を覆うばかりなのは、日本マーケティング協会の定義

マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。

企業および他の組織・・・個人でもいい。
グローバルな視点・・・不要。むしろローカライズな視点が重要。
顧客との・・・見込み客も関係ない人もマーケティングの対象
公正な競争を通じて・・・不要。 競争相手はいらない。
市場創造のための・・・不要。むしろ成熟・衰退市場に必要な概念
総合的活動・・・言葉を限定するのが定義なのに、総合的っていうのは、あんまり・・。

ツッコミどころが多すぎて、誰が、考えたんだこれ??というレベルです。
これが、日本のマーケティング協会の定義とはなんとも信じがたい。

東京ブランド戦略研究所の定義

dv1492011

偉そうに批判した後で随分とハードルを上げてしまいましたが。

当研究所は、マーケティングをこのように定義しています。

マーケティングとは、目的に応じたコミュニケーションである。

情報を如何に効率よく受け取り、如何に効率よく目的に適った情報を伝えられるか。 

ポイントは、情報のやりとりに役割を限定しているという点にあります。

あらゆる活動は、情報のやりとりを伴うのですが、他者の視点からどのように見え、感じるのか。という切り口から活動を整理しなおすということが、活動全体の中のマーケティングの役割だと思っています。

企業にとってマーケティングの目的の多くは、「売上を増大する。」ということにありますが、
「ブランドを構築する。」「イメージを回復する。」「求人をする。」「社員のモチベーションをあげる。」等あらゆる目的に対してのコミュニケーション戦略という意味でマーケティングという用語は適用されます。

また、マーケティングの主体は企業に限りません。

宗教団体は、布教のために。
個人も自らの価値を高めるために。
コミュニケーションに工夫を加えます。 これらは目的に応じたコミュニケーション すなわちマーケティングの1つです。

余談ですが、当研究所では、ブランド力の強化を目的としたマーケティングが、ブランディングだと考えています。

定義をするということは、他の言葉との違いを明確化することです。

そして、定義をする意味のひとつは、ものさしを共有化することで、ディスカッションをスムーズにすることです。
そのためには、わかりやすさと覚えやすさが求められる。

当研究所では、マーケティングの役割を情報のやりとりに限定することで、それらの両立を試みました。

決して万能だとは思いませんが、一応、現在、マーケティングと呼ばれている個別の事象について照らし合わせて大きな矛盾を感じていません。

ただし、引き続きブラッシュアップを図りたいと思いますのでよろしくお願い致します。

参考記事:ブランドとはなにか?

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。