マクドナルドのオーソドックスだが姑息な戦略

マクドナルドは、現在、TVCMで、言うのが恥ずかしい略称の商品(バペポとかエグチとか)のワンコインセット商品を全面的に打ち出しています。
一方、店舗においては、その商品をひた隠しに隠しています。
絶対に探さないと見つけられない大きさで記載されています。

マクド2

これをどう見るか?
きれいな方法ではありませんが、マーケティング的には王道だと言えるかもしれません。

価格動機の利用者にだけ、安価なものを買ってもらい
なるべく平均価格に影響を与えず客数を増やす。
という目的のためのオーソドックスな戦略手法です。

但し、今のマクドナルドにとって有効な手段かと言われれば、とてもそうとは言えないと思うのです。
今は、マクドナルドに向けられる目が極めて厳しい時期。
その時期に、この手法に出くわしたら鬼の首をとったように、「姑息だ!」と騒ぐ人が出てくることが想像されます。
それは、また、マクドナルドにとってネガティブなイメージが張り付いてしまう。
今は、全面的に誠実にワンコイン商品を打ち出すべきときだと思うのです。

マクドナルドは、シンプルにコストパフォーマンスに優れたハンバーガーショップに立ち返るべきです。
それが、できないなら存在している意味がない。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。