もし、日本が100軒のフードコートだったら?

もし、日本が100軒のフードコートだったら?

ちなみに、日本の飲食店は、80万店前後。

日本の外食を業態別の割合で並べてみた。
大雑把であり曖昧さや重複は残るが、概ねの比率を把握すると、地域の飲食店の偏りが見えて面白い。

もしかすると、新店舗オープン場所選定の参考にもなるかな。

この比率を基準に各都道府県・市町村・駅 レベルの特徴をまとめていきたい。

もし、日本が100軒のフードコートだったら?

居酒屋が20軒
カフェ・喫茶店が20軒
ラーメン屋さんが9軒
蕎麦・うどん屋さんが8軒
焼き鳥屋さんが8軒
定食屋さんが8軒
バーが8軒
中華料理屋さんが7軒
日本料理屋さんが7軒
お寿司屋さんが6軒
焼肉屋さんが5軒
パスタ屋さんが4軒
カレー屋さんが4軒
どんぶり屋さんが3軒
お好み焼き屋さんが3軒
ステーキ屋さんが2軒
餃子屋さんが2軒
ホルモン屋さんが2軒
ファミレスが1軒
ハンバーガー屋さんが1軒
ピザ屋さんが1軒
てんぷら屋さんが1軒
とんかつ屋さんが1軒
うなぎ屋さんが1軒
すき焼き・しゃぶしゃぶ屋さんが1軒
たこやき屋さんが1軒
韓国料理屋さんが1軒
インドカレー屋さんが1軒

※重複あり

記事が気に入ったらシェアをお願いします!