「ダレノガレ明美」の顔は過小評価されている。

近年、ハーフ・クォーターの女性タレントは一大勢力になりつつあります。
※明らかに純粋な日本人には見えない顔ということを、ハーフタレントの前提とします。
その中で、芸能界での地位をランキングしてみると

タレント部門のTOPは、ベッキー ←不倫騒動前に書いた記事です。
次に、シェリーが、安定的な地位を築き
マギーが、ベッキーを食う勢いで猛追しています。

モデル部門のTOPは、ローラ。
美人ハーフタレントのほぼ全員がモデルのお仕事を経験しています。
女優部門は、トリンドル玲奈。
顔と全然合ってない役柄でコンスタントに女優業をしています。
(事務所の方針でしょうか?)

では、誰が、ハーフ・クォーターの女性タレントの中で
1番美人なのか?    
と言われたら誰と答えるでしょうか?

恐らく、アンケートをとれば、「ローラ」あるいは「マギー」が、上位の1、2位に入ると思います。
いずれもファッションはもちろんパーソナリティも支持され、男女ともに人気があります。

ただ、私は、顔美人ということを評価対象とする場合に
大きく過小評価されている人がいると思っているのです。
それは・・・
ダレノガレ明美です。
ハーフダレノ

ハーフダレノガレ

バカとぶっちゃけでそのブランド価値を落としていますが
顔の造形に関しては、ローラに匹敵するレベルにあると思います。
(ローラもバカとぶっちゃけ兼ね備えているんですけどね。)
天然ものとは思えないこの鼻筋を見てください。
(ローラは鼻 マギーは歯を整形していることを考えるとより評価すべきだと思います。)
最近、インスタグラムでその美しさが見直されている傾向もあるようです。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。