おかずクラブ「オカリナ」は、声まではいい女だから面白い。

年末年始は、お笑いのネタ番組がこれでもかっ!というくらいいっぱいありましたね。 
少し気になったのは、ゴールデンで同じネタやりすぎということ。
本人たちがリスクを避けているのか。番組側の要望なのかはわかりません。が、そのくらい鉄板ネタというのは希少なのでしょう。
旬な芸人は、新ネタ練習する時間もないから苦肉の策なのかもしれない。

コロコロチキチキペッパーズの「天使と卓球」何回見ただろうという年末年始でした。

コロチキは、ナダルのアニメ美声「やっべーぞ!」という必殺業があるのに、それをほとんど生かさず「キングオブコント」を獲った。

「ラララライ」でお馴染みの藤崎マーケットが、しくじり先生でいくら面白い新ネタを作っても、関西の漫才コンペでいくつ賞レースで勝っても、ラララライ以外のそれらをやる機会をTVでは与えられないと言っていた。

もし、ナダルのアニメ美声で獲っていても相方に目が向くことはなく、声芸人としてマンネリのドツボにはまっていたかもしれない。

そこまで考えていたとしたらかなりしたたかな戦略だったと思う。

さて、もうひと組旬な芸人と言えば、「おかずクラブ」

「おかずクラブ」は、徹頭徹尾 オカリナの美人設定という軸は崩さない。

山田花子や島田珠代の時代ですでに定番だった女芸人のお約束中のお約束【ブスの美人設定】がなんで今更通用するのかといえば、従来のものとはクオリティが一段違うから。

もちろんオカリナの例をみない「愛嬌がある極ブス」という品質もあるけれど

彼女のすごいところは、声までは、本当にかわいい、セクシーというところ。  

それが、ビジュアルを際立たせて、おもしろさを倍増させてる。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。